題目根本・唱題根本

題目根本とはどういうことか

題目根本とは、南無妙法蓮華経のお題目を唱えることを全ての活動の根本にするということです。仏性の顕現によって一切の苦悩の解決と勝利の人生を歩んでいける、信心根本の実践のありかたと言えます。

題目根本の題目とは南無妙法蓮華経のお題目のことで、このお題目を唱えることを一切の行動(心と身体の全て)の根本・出発点とするべきである、というのが『題目根本』ということです。

あらゆる行動や考えなどの活動はどういう命(思いや意気込みや決意)で取組むかによって、そのプロセスも結果も全く別のものになってきます。

題目をあげ抜いて仏性を顕現し全てに勝利!

池田SGI会長は、『「徹底して南無妙法蓮華経!」「ただ、南無妙法蓮華経!」「御本尊しかない!」「自分は根本として題目を唱えていくのだ!」ということになった場合に、最も楽しくなるのです。すると今度は・・。一切の悩みや、一切の苦悩が全部、解決する!ここだけわかればよいのです!』と指導されています。

また、『題目をあげ抜いて、勝つのだ。信心で勝とう!時が来れば、すべてが自分自身の勝利の歴史となり、財産となるのだ。信心根本に戦い抜く人は、諸天をも動かし、必ず勝利の大空を仰ぐことができる([新時代第26回本部幹部会]聖教新聞09・02・16より)』とも指導されています。

人間も含め、万物の奥底の法を妙法と言います。そして、この妙法の名前を「南無妙法蓮華経」と言うのです。妙法とはまた、行き詰まりの無い絶対的幸福境涯である仏の命(仏性)のことを指しています。

そして、この仏性を自身の生命に顕す作業こそが、唯一、南無妙法蓮華経のお題目を唱えることなのです。

自身の生命にも他者の生命にも仏の命(仏界)が具わるということは、実に信じがたいことで、これは、悪世である現代(末法という時代)ではあたりまえのこと。故に、これを信じて妙法を弘めていく広宣流布の戦いに最大・最高の価値があると言えるのです。

教学の祖といわれる日寛上人(にちかんしょうにん)は、御本尊を受持すれば「我が身全く蓮祖大聖人と顕るるなり」「我が身全く本門戒壇の本尊と顕るるなり」と指南されており、それを可能にするのも「題目の力用に由るなり」(当体義抄文段)と述べられています。

題目根本に唱題しきっていく姿勢が如何に尊いか、また、最強無敵であるか。故に、日蓮大聖人の仏法を行じる者は、どこまでも【題目根本】でなければいけないのです。

唱題根本 題目根本
RELATED POST