3月度座談会御書

3月度 座談会御書 乙御前御消息(身軽法重抄)の講義 2021年(令和3年)

乙御前御消息
御書全集1221ページ4行目~6行目
編年体御書790ページ4行目~6行目)

2021年(令和3年)3月度の座談会御書は、乙御前御消息(別名:身軽法重抄)です。自身の教学研鑽及び講義を目的として、大百蓮華や聖教新聞などを資料にしてまとめました。

拝読しての決意や意見、所見なども述べています。3月の座談会御書の御書講義の担当として臨む青年部や地区部長の参考ともなれば幸いです。

乙御前御消息(別名:身軽法重抄)について 背景や大意など

  • 御書の種類(内容):お手紙
  • いつ:建治元年(1275年)・日蓮大聖人が54歳の時
  • どこに在住の?:鎌倉
  • 誰に:乙御前(おとごぜん)の「母親」へ

「乙御前の母親」は、夫と離別して幼い娘を育てながら純粋な信心を貫いた人。

文永8年(1271年)の日蓮大聖人の佐渡流罪で、鎌倉の門下にも弾圧があり、退転者が続出する中、乙御前の母は、強盛な信心を貫き、佐渡の大聖人を訪ねており、「日妙聖人(にちみょうしょうにん)」の称号をいただいています。

その後、大聖人が身延入山後も、世情が蒙古襲来に騒然とする中で、乙御前の母は、身延の大聖人のもとの足を運んでいます。

法華経こそ最勝の経典であり、求道心ある「乙御前の母」の諸点の加護を約束されると共に、「身軽法重・死身弘法」こそ仏法者の根本精神とされ、広宣流布の確信を示されている御書が、乙御前御消息(別名:身軽法重抄)です。

乙御前御消息(別名:身軽法重抄)の本文(拝読範囲)

いよいよ強盛の御志あるべし、冰は水より出でたれども水よりもすさまじ、青き事は藍より出でたれども・かさぬれば藍よりも色まさる、同じ法華経にては・をはすれども志をかさぬれば・他人よりも色まさり利生もあるべきなり(御書全集1221ページ4行目~6行目、編年体御書790ページ4行目~6行目より)

乙御前御消息(別名:身軽法重抄)の通解(拝読範囲)

いよいよ強盛(ごうじょう)な信心を、起こしていきなさい。

氷は水からできるが、水よりも冷めたい。青い色、藍(あい)という草から生まれるが、重ねて染めれば、藍よりも色が鮮やかになる。

同じ法華経ではあっても、信心を重ねていくならば、他人よりも生命の輝きが増し、利益もあらわれてくるのである

乙御前御消息(別名:身軽法重抄)の講義内容

今回の拝読範囲のテーマは、「常にいよいよの心で」・「祈りを深めた分、境涯が広がる」ということになります。

★いよいよ強盛の御志あるべし

あらゆる苦難の中、退転することなく信心を貫き、「日妙聖人」の称号まで頂いた「乙御前の母」に、それでも尚、「いよいよ強盛な信心を、起こしていきなさい」と、仰せになっています。

その例として、水はこおれば氷になり、藍の色は重ねる程に青さを増す例を示されています。

いよいよの心で、【持続の信心】を重ねることが肝心であると仰せなのです。

★志をかさぬれば・他人よりも色まさり利生もあるべきなり

【持続の信心】を重ねることでこそ、「他人よりも色まさり利生もあるべきなり」と仰せのように「心身のますます力と輝きが増して、功徳も厳然と現れて来る」ことを確信しましょう。

筆者所感

仕事上のことですが、このところ、以前に上手く行き、大きな成果を収めた方法が、なかなか通じなくなり、窮地に陥っています・・。

「いよいよの志」をもって、題目根本にチャレンジしていきたいと思います。

「乙御前御消息」に関する池田先生の指導

信心の志を重ねることによって、無常のわが生命が何ものにも崩れざる常楽我浄の永遠の宝によって荘厳されるのです。その大境涯を確立するために、志を重ねることが重要となるのです。
「志をかさぬれば」とは、信心の持続です。すなわち、何があってもたゆむことなく、むしろことあるごとに、いよいよ強盛の信心を奮い起こして、わが生命を練磨していくことです。(『勝利の経典「御書」に学ぶ』第3巻より引用)

3月度座談会御書の拝読・掲載の履歴

これまでに、「3月度の座談会御書」として拝読・掲載された「御書」は以下のとおりです。

  1. 「聖人御難事」2000年(平成12年)
  2. 「四条金吾殿御返事(煩悩即菩提御書)」2001年(平成13年)
  3. 「法蓮抄」2002年(平成14年)
  4. 「生死一大事血脈抄」2003年(平成15年)
  5. 「松野殿御返事」2005年(平成17年)
  6. 「報恩抄」2006年(平成18年)
  7. 「四条金吾殿御返事」2007年(平成19年)
  8. 「異体同心事」2008年(平成20年)
  9. 「曾谷殿御返事」2009年(平成21年)
  10. 「曾谷殿御返事」2010年(平成22年)
  11. 「阿仏房御書(宝塔御書)」2010年(平成22年)
  12. 「異体同心事」2011年(平成23年)
  13. 「諸法実相抄」2012年(平成24年)
  14. 「転重軽受法門」2013年(平成25年)
  15. 「兵衛志殿御返事(三障四魔事)」2014年(平成26年)
  16. 「上野殿後家尼御返事(地獄即寂光御書)」2015年(平成27年)
  17. 「一生成仏抄」2016年(平成28年)
  18. 「経王殿御返事(土餅供養御書)」2017年(平成29年)
  19. 「寂日房御書」2018年(平成30年)
  20. 「聖人御難事」2019年(平成31年)
  21. 「兵衛志殿御返事(三障四魔事)」2020年(令和02年)

3月の【広布史】

3.16 広宣流布記念の日

1958(昭和33)年のこの日、第二代会長戸田先生のもとに、男女青年部の精鋭6000人が集って「広宣流布の模擬試験」と呼ばれる式典が開かれました。

小樽問答

1955(昭和30)年3月11日、北海道の小樽市公会堂で、創価学会と日蓮宗身延派との公開法論が行われました。

3月の【広布史】の関連情報

小樽問答の会場となった建造物「小樽市指定歴史的建造物 第12号 旧小樽区公会堂・旧岡崎家能舞台」です。

小樽市 :旧小樽区公会堂・旧岡崎家能舞台