教学試験

青年教学3級試験2017 の実施と過去問題集

青年部教学試験3級と教学部初級試験の特集

特集ページ一覧へ戻る

創価学会青年部教学試験3級が教学部初級試験と合同で、2017年【9月24日(日)】に、全国で実施されます。そして、この合同で実施される教学試験の「受験申込」は【6月1日(木)から7月22日(土)まで】となっています。

この記事では、青年教学3級試験2017の「実施内容」と「過去問題」について述べていますが、「出題範囲」の項目では、今回の教材の確認と共に、関連する書籍のご案内をしています。

過去問題についての項目は、以下からすぐにご覧いただけます。
青年教学3級試験と初級試験の問題集及び過去問題について

今回の合同試験の実施で特筆すべきは、現行の任用試験と同じく「マーク方式」での実施という点。青年3級及び初級試験では、初の試みとなります。

また、仏法入門との位置づけで実施される「任用試験」と違う点は、「会友」と「未来部員」の受験は無い(行わない)という点です。

既に申し込み期間に入っていますが、時あたかも「法戦」の最中。受験資格を有する会員諸氏の掌握と、ご紹介・おすすめだけは、漏れなく実施して参りたいと思います。

まずは、青年教学3級試験2017の実施内容を以下で確認し、間違いのないよう配慮致しましょう。その後、関連する過去問と問題集の情報に触れています。

青年教学3級試験および教学部初級試験の合同実施の大綱

青年教学3級試験2017と同教学部初級試験の実施日時、受験資格、受験申込、試験問題の出題範囲について記します。

青年3級試験と初級試験の実施される日時について

  • 2017年(平成29年)9月24日(日曜日)に実施。
  • 昼の部は⇒午後1時30分~午後2時30分
  • 夜の部は⇒午後7時30分~同8時30分
  • 昼の部・夜の部共に、60分間のマーク方式で行う。

※ 受験は「昼の部」の受験を原則とします。仕事等の理由があり、昼の受験が困難な場合に限って、特例として夜の部の受験ができます。

青年3級試験と初級試験の受験資格について

受験申し込みの締め切り時点で、会員であると共に、教学資格が「教学部助師」の人(講師の人も含みます)。つまり、「会友」の受験は無いということ。さらに、「未来部員の受験」についても行いません。

毎月の座談会や御書学習会などの日常の会合に参加している人(活動家)であること。その上で、かつ、「本人が受験を希望する」こと。

受験資格については、支部長の承認と受験カードへの押印が必要。★特に、高齢者、妊産婦、病弱な人についての受験については、無理の無いよう十分に配慮する。

未来部員が受験対象でもある「任用試験」の場合、極めて「要点のみ」のイラスト入りの「任用試験教材」が「未来ジャーナル」に掲載されます。実に、任用試験ではこれが重宝したのですが、今回の合同試験では「マーク方式」になるとは言え、「それは無い」ということのようです。

青年3級試験と初級試験の受験申し込み

6月1日(木曜日)から7月22日(土曜日)まで。それが、受験申込の期間です。

受験対象者の割り出しと確認、そして激励等々、時間はあっと言う間に過ぎてしまいます。まずは、申込期間を念頭に、迅速な対応が求められます。

なお、前掲の受験申込期間については、地域によって申し込み期間が異なることがあります。地元の組織への確認も迅速に行う必要があります。

受験の申し込みは、本人自筆の「受験カード」を、所属組織の支部長に提出して行います。この「受験カード」用紙の確保も遺漏なく行いましょう。

青年3級試験と初級試験の問題の出題範囲について

青年3級試験と初級試験の問題の出題範囲については、2017年(H29年)6月号の大白蓮華が「教学試験特集号」となっており、全ての出題範囲が51ページから巻末まで網羅されています。

大白蓮華2017年6月号は教学特集号
大白蓮華2017年6月号の教学特集ページ

創価学会の機関誌「大白蓮華」は、本年2017年の4月号から「電子書籍」としても発売されています。教学試験特集号の6月号の電子書籍を活用すれば、場所を選ばず、スマホにて研鑽することもできます。

出題範囲は、御書2編と「教学入門」からとなっています。

【1】御書
①「立正安国論」の第9・10段(御書31ページ1行目から33ページ4行目まで)
②「佐渡御書」(本年2月度の「御書講義拝読範囲」:957ページ7行目から12行目)

【2】教学入門
『教学入門』第2部および「世界広布と創価学会」から(日顕宗破折の内容を含む)

『教学入門』とは、書籍『教学入門 世界宗教の仏法を学ぶ(創価学会教学部編)』のことを指します。電子書籍の出版はまだ無く、紙書籍のみです。

『教学入門』の内容は3部構成で、①任用試験に出題される内容、②初級試験・青年教学3級試験に出題される内容、③「世界広布と創価学会」となっています。学会教学の基本が網羅されており、教学試験に限らず、取り寄せしたい内容です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

教学入門 世界宗教の仏法を学ぶ [ 創価学会 ]
価格:800円(税込、送料無料) (2017/6/16時点)

青年教学3級試験と初級試験の問題集及び過去問題について

青年3級及び初級試験の練習問題(問題集)や過去問題については、今後、漸次、充実していきたいと思います。なお、前回の「青年3級及び初級試験」は2014年に実施されており、試験実施直後に「昼の部の問題と回答例」が発表されました。

前回、2014年の青年教学3級(初級)試験の問題と解答例は以下からご覧いただけます。
青年教学3級(初級)試験の過去問題と解答例【前回 2014年】

その他、過去問題の掲載サイトは以下のとおりです。

2009年実施の青年3級(初級)試験(過去問題)を紹介しています。
JunkDarkの勉強部屋 – 日蓮大聖人の仏法を御書に学ぶ

2014年実施の青年3級(初級)試験の模擬問題を紹介しています。
教学試験 初級・青年3級試験のために

青年教学3級試験と初級試験の実施履歴について

かつて、青年教学3級試験と教学部初級試験は、別々の年に実施されていました。それぞれが「別の年に実施されていた最後の試験」の実施年月は以下のとおりです。

  • 平成11年(1999年) 7月:青年教学3級試験実施
  • 平成12年(2000年)11月:教学部初級試験実施

これが、4年後の実施から、合同で「同じ問題」で実施されるようになりました。青年教学3級試験と教学部初級試験の合同実施の履歴は以下のとおりです。

  1. 平成16年(2004年)10月
  2. 平成21年(2009年)11月
  3. 平成26年(2014年) 9月
  4. 平成29年(2017年)9月24日実施(今回)

以上です。

青年部教学試験3級と教学部初級試験の特集一覧