2014年の占いで最強は|午年の運勢

スポンサードリンク

2014年の最強運勢を占うということについては、当サイトの記事でも縷々述べています。

2014年の占いで最強は・・という問いかけの多くは、自身の問題もさることながら、他人の運勢、それも著名人や有名人の運勢がどうかという問いかけであることもわかって参りました。せっかく存在する占いという存在は、これに強く依存することに筆者は抵抗を感じるのですが、一つの指針として認識することには価値があると思っています。

ここでは、その総括として、【運勢と占い】について述べておきたいと思います。

運勢とは何か

ここで、改めて、運勢について確認しておきたいと思います。

まず、運(うん)について。「運」とは、人間の意思や努力では如何ともし難い人生の巡り合わせのことを言うそうです。俗に、「運が良い」とか「運が悪い」、あるいは「付いている・いない」などと言われます。しかし、意思と努力では如何ともし難いものであるはずの「運」について、運(この場合は良い運)を引き寄せるというような使い方をする場合もあります。

「運命」という言葉も「運」と似た概念ですが、運命といった場合、幸・不幸に対する意識が強く反映されていて、意思や努力では如何ともし難い「幸・不幸」の巡り合わせ、ということになるようです。

占いと運勢で大切なこと

次に、命題の「運勢」について。運勢とは、主に占いの分野で使われる言葉です。

この運勢は、いつも同じということがなく、個人個人により、また、時期や周囲の状況によっても変化していくものであるとされています。さらに、特定の個人の運勢は、その本人の精神的な成長によって、より良い方向へ変えていけるものであるとされています。

このことから占いの意義について考えれば、占いとは、現時点での運勢を読み解いて、その運勢の下にある人にとって最も良い方向性を示唆するものと言えるのではないかと思います。

そしてこのことは、「占ってもらう」人の動機が、より良く生きて行きたいという意思によることにあるという事実を見ても明らかだと思います。

ここで、占いが幸福への道しるべであるとしましょう。この場合、占いの正確性(良く当たる)と共に同じく重要な問題が浮上してきます。それは、本人の精神的成長への努力ということです。別の言い方をすれば、他力本願の一辺倒では、真の幸福は得られないということになると思います。

2016年は申年:申年のことわざ・格言で挨拶 運勢・宿命

スポンサードリンク

この記事(webページ)のカテゴリー:干支のことわざ 格言 と運勢 縁起