午年男の運勢 2014年は|午年の運勢

スポンサードリンク

午年の2014年は午年生まれの年男にとって最も運勢が気になるところ。各種の占いではいろいろな鑑定が出ていますが、その鑑定に一喜一憂することなく、心の成長を期することが運勢を切り開くカギとなっています。

午年男の運勢 運勢を切り開くには

午年の運勢はどうかと言うとき、午年生まれの人は尚更に自身の運勢に関心を持つことと思います。

さらに、年男・年女と言う呼び名がありますが、仮に、年男である人が自身の運勢を占って、ある結果が出た場合、この一年をどのように過ごしていこうとするものでしょうか。

年男も年女も共に、生まれてから12年後の年が最初に年男・年女となる年と定められています。そしてかつては、神事などに携わるのは【年男】の方であるとされていたそうです。男性の場合、主としての立場や振る舞いが要求されることが多いことは現代でも同じであって、この自覚の下で生活していくことが大切であることを示唆しているようです。

昨今、様々な占いの結果は、仕事運・金運・恋愛運・・等々、生活分野ごとの診断を下してくれるところ(あるいは占い師)が多くなっています。そして、若い男女の場合、女性が恋愛運を、男性は仕事運を、より気にしているということがあるそうです。

ともあれ、良く当たる占い師には人気があります。様々な占いの方法でどれが良いかという前に、最も大切なことは、当たる占いであるかどうかということです。

そして、当たる占いであった場合でも、これと並行して同じく大切な問題があります。それは、占ってもらった本人のより良い方向への努力です。なかんずく、精神的な成長が不可欠と言われます。

運勢とは何か。占いの分野で説くところは、運勢は一定ではなく周囲の状況変化によっても変化し、また、本人の精神的な成長によってもよりよいものにできる、というものです。

したがって、本人の精神的成長への努力も大切な要素といえるのです。

一家の柱・社会の柱として、また、これを目指す男子として、自身の精神的成長こそ。年男の本年に目指すべき方向性なのではないかと思う次第です。

2016年は申年:申年のことわざ・格言で挨拶 運勢・宿命

スポンサードリンク

この記事(webページ)のカテゴリー:干支のことわざ 格言 と運勢 縁起