新年の運勢と干支|午年の運勢

スポンサードリンク

2014年の新年の干支は午であり、午年の運勢を紐解くと縁起ものの馬らしからぬ鑑定で、「大荒れ」などのけして良くないものです。しかし、これは、年明け時点の占いの鑑定であり、これは変えていけると説くのが、多くの占いの考え方でもあります。

2014年の干支 午年の運勢

新年の運勢を占うにあたり、占いにも占星術・姓名判断・血液型占いなどなど様々なものがあるので、どれを信じたら良いのか迷うことはないでしょうか。

実際のところでも、選択した占いの鑑定結果が全然違うものというケースが多々あるようです。それでもなお、気になるのが運勢の占いで、その年の干支に関する占い結果は尚更のように気にならざる得ないことも事実です。

2014年が干支の午年であることから、干支の午(馬)での運勢鑑定の一分野を紐解いてみると、日本全体の運勢については、「易占い」「凶」、すなわち天災の危険性を示唆。また、午年の本年、「五行」にあっては、午(馬)は爆発や銃火をもたらす火のエネルギーがあり本年は大きく荒れる可能性大とありました。

世の中全体でも、新年のスタートには、干支にちなんだ挨拶から始まるところが多いのですが、この場合、本年の午年であれば、馬を縁起物と担いで、良いほうへ・縁起の良い方へと言い換えをしています。筆者はむしろ、この姿勢に共感を覚えます。

良く知られた占いに占星術があります。これと同じく血液型による占いと生年月日による占いも有名です。このことから、占星術×血液型とか血液型×生年月日、あるいはこの3つ全ての総合判断といった占いに関心が持たれています。

いずれにしても、より正確に運勢を占ってもらえればそれに越したことはありません。 ただ、正確な占いと共に重要な問題がもう一つあるのです。それは、本人の心の成長への努力、あるいはその覚悟ということです。

運勢について占いの世界では、変わっていくものと説きます。時期やまわりの環境の変化、さらには、本人の心の成長によっても良い方向へ変えて行けると説くのです。ゆえに、本人の心の成長が、正確な占いと同様に重要になってくるのです。

より多くの人たちの心の成長が、一国の運命・運勢をもより良い方向に転換していくパワーになるものと信じています。

2016年は申年:申年のことわざ・格言で挨拶 運勢・宿命

スポンサードリンク

この記事(webページ)のカテゴリー:干支のことわざ 格言 と運勢 縁起