新人間革命 常楽4 2016年(平成28年)1月6日

山本伸一の問題提起に、ガルブレイス博士は、一言一言、かみ締めるように、ゆっくりと語り始めた。

「それは、人生を考えるうえで、極めて重要な、根本的な質問です。しかし、これほど難しく、また神秘的な問題はないと思います。正直なところ、人間の死後がどうなるか、私はわかりません。

ただし、存在というものには連続性があると、私は信じております。そして、私の場合は、来世があるかないかは、もうすぐ、この目で確かめられるでしょう」

ここでもユーモアを忘れなかった。

笑いは対話の潤滑油である。

重要かつ深刻なテーマを語り合うと、どうしても雰囲気は、堅苦しくなりがちである。博士は、皆を和ませたかったのであろう。伸一は、そこに、繊細な気遣いを感じた。 語らいのテーマは多岐にわたり、読書論、結婚観と進んでいった。

jouraku-4.png

「いちばん感銘深く読んだ本」が話題になると、二人ともトルストイと答え、博士が「オーッ!」と歓声をあげる一幕もあった。

そのトルストイは、「よい人との交際は幸福をもたらす」(注)と記している。

話題が人生論に及んだ時、伸一は、「博士のモットーは何か」を聞いてみた。

「これといった明確なものはありませんが、一つのルールといったものはあります。『今は働こう。しかし、それを完成できるとは思うな』ということです。私は、常に、そう自分に言い聞かせています」

伸一は、すばらしい生き方であると思った。

「今は働こう」とは、壮大なる理想をもちつつ、現実を見すえ、今の一瞬一瞬を全力で行動し続けることであろう。そして、「それを完成できるとは思うな」とは、安易に結果を求め、妥協するのではなく、より高い完成を求め、努力し続けることであろう。

伸一もまた、博士からモットーを問われ、「波浪は障害にあうごとに、その頑固の度を増す」と答えた。

■引用文献
注「カルマ」(『トルストイ全集9』所収)中村白葉訳、河出書房新社

※以上、「聖教新聞」2016年(平成28年)1月6日(水)より転載