新人間革命 常楽1 2016年(平成28年)1月1日

jouraku-1.png

さあ、朗らかに対話をしよう!
胸に歓喜の太陽をいだいて。
語り合うことから、
心の扉は開かれ、
互いの理解が生まれ
、 友情のスクラムが広がる。

対話とはーー
心に虚栄の甲冑を纏って
、 空疎な美辞麗句を、
投げかけることではない。
赤裸々な人間として、
誠実と信念と忍耐をもってする。
人格の触発だ。

仏教の智者の言には
「声仏事を為す」(御書400頁)と。
諸経の王「法華経」は、
仏陀と弟子たちとの対話である。
日蓮大聖人の「立正安国論」も
、 主人と客との対話として認められた。

対話はーー
励ましの力となる。
希望の光となる。
勇気の泉となる。
生命蘇生の新風となる。

さあ、はつらつと対話をしよう!
心と心に橋を架けよう!
その地道な架橋作業の彼方、
人も、世界も一つに結ばれ、
人間勝利の絢爛たる平和絵巻は広がる。

一九七八年(昭和五十三年)十月十日の午後、山本伸一は妻の峯子と共に、アメリカの経済学者で、『不確実性の時代』などの著者として知られる、ハーバード大学名誉教授のジョン・K・ガルブレイスとキャサリン夫人の一行を聖教新聞社に迎えた。

人間のための"確実性の道"を開きたいとの思いで、伸一は会談に臨んだ。

※以上、「聖教新聞」2016年(平成28年)1月1日(金)より転載

同日、以下のお歌が同紙に掲載されました。

人類の常楽の軌道を

☆新年の歌☆池田大作

人類の
常楽の軌道
照らしゆけ
師弟の太陽
いやまし燃えて

遂に来ぬ
創価の女性の
新世紀
試練の冬も
歓喜の春へ

勇猛に
祈り勝ち切れ
愛弟子よ
若き世雄は
仏法勝負と

以上。