宿命転換と宿命転換の法理(転重軽受と願兼於業)

宿命転換と宿命転換の法理(転重軽受と願兼於業)について、小説「新・人間革命」の「源流6」における九竜会館での伸一(池田先生)の指導は大変にわかりやすいものとなっています。

誓いし願やぶるべからず こそ 法華経の行者の祈り

誓いし願やぶるべからず、とのタイトルの下、法華経の行者の祈りは誓願の祈りであるとご教示。池田SGI会長は平成28年1月号の巻頭言で、その誓願の祈りについて具体的に述べられています。

法のため広布のため 功徳を積む方程式は真心の信心に

法のため、広布のために、との信心・心こそ功徳を積む学会活動の要諦です。財務も含め、全ての学会活動は、真心から取り組むことが肝心です。

幸の唱題おくる嬉しさ この一念で一言の激励を

「幸の唱題 おくる嬉しさ」。これは、池田先生が徳の島の友に詠まれたお歌です。『おくる嬉しさ』とあるように、お題目をおくる、おくれるというのは歓喜なのです。これは、同志への無上の思いやり・慈悲から来るご一念かと思いますが、お題目に対する絶対の確信なくしてはあり得ないものかと思います。

和合僧をどこまでも大切に! 五逆罪と破和合僧と怨嫉

和合僧をどこまでも大切に!との池田先生の指導と共に、怨嫉は「した方が」罰を受ける、との河合師範の講義を掲載しています。五逆罪と破和合僧と怨嫉についての資料となります。

利他の実践こそ肝心 新・人間革命 大道の章から

池田先生の著作、『新・人間革命』の大道13から15にかけて、題目の功徳の偉大さと...