詮ずるところは天もすて給え~[開目抄下232ページ]

乞眼の婆羅門の責に動じない為には、「詮ずるところは天もすて給え」との師匠の大境涯に迫る信心が不可欠です。