諸余怨敵皆悉摧滅の読み方と意味(四条金吾殿御返事)

スポンサーリンク

諸余怨敵皆悉摧滅、との「文(もん)」は、四条金吾殿御返事(別名:法華経兵法事)といわれる御書で日蓮大聖人が引用されています。

この御文は、2017年(平成29年)5月度の座談会御書の拝読範囲の中の一節となります。

四条金吾殿御返事(法華経兵法冶)の座談会御書【2017年5月度】

「なにの兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし、「諸余怨敵・皆悉摧滅」の金言むなしかるべからず、兵法剣形の大事も此の妙法より出でたり、ふかく信心をとり給へ、あへて臆病にては叶うべからず候(御書1,192ページ15行目から1,193ページ2行目)」

諸余怨敵皆悉摧滅の読み方と意味する内容

諸余怨敵皆悉摧滅は「しょよおんてきかいしつさいめつ」と読みます。通解すれば、「その他の敵は、皆ことごとく打ち破る」となります。

「諸余怨敵皆悉摧滅」とは、法華経薬王品 第23の中の文です。法華経を受持する無量の功徳によって、一切の魔を打ち破ることができる。そして、それ以外の様々な敵をも打ち破ることができる。との意味になります。

法華経を受持する無量の功徳、とありますが、「法華経を受持する」とは、外面的に「単に法華経の信仰を持っている」ということではありません。

同じく、四条金吾殿御返事の中に、別名を「此経難持御書」という御書があり、その中の一節に次のようにあります。

「此の経をききうくる人は多し、まことに聞き受くる如くに大難来れども憶持不忘の人は希なるなり、受くるは・やすく持つはかたし・さる間・成仏は持つにあり、此の経を持たん人は難に値うべしと心得て持つなり(御書全集1,136ページより引用)」

信じて入信し、信心を開始した後、その信心を持続していくことが、「法華経を受持する」ことになります。ところが、「此の経を持たん人は難に値うべしと心得て持つなり」とあるように、信心の行と理解が進んでいくと必ず「難(なん)」が競い起こるのがこの信心なのです。

これは、信心が進んで成仏の境涯を得ることを「魔(ま)」が妨げるために難が競うということです。

故に、妙法の信心は、善知識(仏法修行上の善き友)の居るところに親しく近寄り、その友と友に「異体同心(いたいどうしん)」の団結で進み行くことが最も肝心なのであります。

善知識と異体同心については、以下のサイトをご参照下さい。

善知識の重要性

善智識とは信心を励まして下さる師匠・同志・広布の組織のことを言います。善智識のことを善友とも言います。

善知識がいかに大切か

「異体同心事」より

本抄では、大聖人一門を迫害しようとする動きに対して、障魔を打ち破って広布を進めていく要諦として「異体同心」を教えられています。

6月度「異体同心事」 | 女子部「御書池田大学運動」 | 仏法を学ぶ | 創価学会青年部サイト SOKA YOUTH web

【参考ページ】

何の兵法よりも法華経の兵法をもちひ給うべし(四条金吾殿御返事)

5月度座談会御書 四条金吾殿御返事(法華経兵法事)

スポンサーリンク