2月度座談会御書の講義 妙一尼御前御消息

スポンサーリンク

2月度(平成29年・2017年の2月)の座談会御書は「妙一尼御前御消息(みょういちあまごぜんごしょうそく)」です。今回の拝読範囲には、有名な御文である「冬は必ず春となる」が記されています。御書の別名は「冬必為春事(ふゆはかならずはるとなるのこと)」です。

自身の座談会御書の地区部長講義としてまとめました(今回は地区総会なので全てを講義できないかもしれません・・)。よろしければご参考にどうぞ。

日蓮大聖人が明かされた妙法は、凡夫が必ず仏に成ることができる仏法であり、そのことを確信して信心に励めば、必ず「苦難の冬」を「勝利の春」に変えていくことができる。それは、冬が必ず春になる道理と同じく必然的なことである、との仰せを学んで参ります。

fuyuha.jpg

妙一尼御前御消息の背景と概要

妙一尼御前御消息は、建治元年(1275年)5月の日蓮大聖人が54歳の御時に身延で著されたもので、鎌倉に住む妙一尼(みょういちあま)に与えられたお手紙です。

日蓮大聖人が、竜の口の法難・佐渡流罪という迫害に遭われる中、その門下にも、追放、所領没収などの難が競い、多くの門下が退転していきました。そうした苦難の中にあっても、妙一尼は夫と共に法華経の信仰を貫き通しました。

妙一尼の夫も、所領を没収されるなどの難に遭い、加えて、大聖人が佐渡流罪を赦免される前に亡くなっています。夫に先立たれた妙一尼自身も体が強くないうえに、病気の子どもたちも抱え、そうした苦難の渦中にあっても、大聖人の流罪地である佐渡へ、赦免後は身延へと「従者を送り」、大聖人にお仕えさせています。

妙一尼御前御消息の拝読範囲の本文

『法華経を信ずる人は冬のごとし冬は必ず春となる、いまだ昔よりきかず・みず冬の秋とかへれる事を、いまだきかず法華経を信ずる人の凡夫となる事を、経文には「若有聞法者無一不成仏」ととかれて候』(御書全集1253ページ16行目から17行目より引用)

妙一尼御前御消息の拝読範囲の通解

法華経を信じる人は冬のようなものである。冬は必ず春となる。昔から今まで、聞いたことも見たこともない。冬が秋に戻るということを。(同じように)今まで聞いたことがない。法華経を信じる人が仏になれず、凡夫のままでいることを。経文には「もし法を聞くことがあれば、一人として成仏しない人はいない」と説かれている。

座談会御書・妙一尼御前御消息の講義

池田先生は次のように言われています。
『「冬は必ず春となる」とは、「信心の試練を勝ち越えた凡夫は必ず仏となる」ということです。本来、誰もが胸中に仏の生命をもっています。それを開き現していく人生の軌道に入った大聖人門下が成仏できないわけがない、との師子吼が轟いてきます。(「希望の経典「御書」に学ぶ 第2巻より)』

本来、誰もが胸中に仏の生命を持っています。また、大聖人のご指導で、「仏の生命を取り出だす実践」を、多くの門下が退転する中でも貫いてきたのが妙一尼です。それにしてもあまりに過酷な冬のような逆境に。大聖人はその妙一尼を、本抄で懸命に激励されています。

1人の門下の身の上を心から思いやられ、激励される日蓮大聖人。心からの激励こそ、持つ(たもつ)ことの困難な信心を持続させゆく要諦と言えましょう。

また、池田先生は次のようにも言われています。
『「妙一尼御前御消息」は、徹底した励ましの一書です。(中略)妙一尼が一点のぶれもなく大聖人とともに純真に信心に励んできたことは、御消息の文面からも推察されます。しかし、その置かれている環境は、まさしく冬のような逆境でした。大聖人は妙一尼に「絶対に幸せになってほしい」「必ず成仏してほしい」との思いから、妙一尼の心に潜む悲哀や不安を一掃させようと、本抄で入魂の激励を重ねられていると拝察されます。(「希望の経典「御書」に学ぶ 第2巻より)』

法華経を信ずる人は冬のごとし冬は必ず春となる(宿命は必ず転換できる!)

さて、「冬は必ず春となる」との仰せの前に、「法華経を信ずる人は冬のごとし」とあります。これは、法華経の信心をまじめに実践する人には、必ず難が競い起こるとの仰せです。

難が競い起こる理由は、法華経の実践によって「成仏してしまう」ことを阻む「三障四魔(さんしょうしま)」や「三類の強敵(さんるいのごうてき)」などの障害が必ず顕れるということです。

このことは、転重軽受(てんじゅうきょうじゅ)と言う法門によって説明されています。つまり、過去世の重い罪を、本来、何度も生まれ変わっては受けるところを、護法の功徳力(ごほうのくどくりき)と言って、妙法の信心に励んだ功徳で「今世に全て顕して軽く受け」、これを乗り越えることで宿命転換ができるという仏法の法理によるものです。

宿命転換と転重軽受については、任用試験(教学入門)でも紹介されています。

妙法の信心で宿命転換を果たせば、今度は宿命に泣く人々を激励し、信心によって救っていくことができます。いわば、宿命を使命に変える生き方であり、このことを池田先生は「人間革命」と称されています。

拝読御文の「若有聞法者無一不成仏」との法華経方便品第二の経文は、「法華経を聞いた人は、一人ももれなく成仏する」との意味で、文証によっても明らかです。

「法華経を信ずる人は冬のごとし冬は必ず春となる」との仰せを、今また確信して、日々の勤行・唱題に学会活動に頑張って参りましょう。

スポンサーリンク

こちらの記事も一緒に読まれてます。