行橋市議会議員補欠選挙 投開票の結果2018 速報一覧と情勢

スポンサーリンク

行橋市議会の「在席議員の死去」によって、福岡県行橋市議会議員補欠選挙が2018年2月25日に実施され、投開票の結果が明らかになります。

小堤千寿(こづつみ ゆきとし)氏が当選しました。下記詳細リンク先を参照下さい。

「行橋市議選2018」の投開票結果の詳細は以下でお知らせしています。
行橋市議会議員補欠選挙2018 投開票結果と立候補者の一覧名簿

★市長選挙はこちら⇒ 行橋市長選挙 投開票の結果2018 速報一覧と情勢

福岡県行橋市(ゆくはしし)は県の東部に位置する市です。面積は70.05平方キロメートルで、総人口は71,120人(2017年10月1日現在も推計)。

「ぎょうばし」ではなく「ゆくはし」と読む「行橋」の命名の由来は、1889年(明治22年)4月1日の町村制施行に遡ります。京都郡・行事村と仲津郡・大橋村・宮市村の3村が合併して新たな町となる際、行事村の「行」と大橋村の「橋」の字を合わせて「行橋町」と命名。これが、今の行橋市となりました。

かつて、この地域は、アジア大陸から海を越えての外的の攻撃にさらされました。これを防ぐために、「みやこ町」境の御所ヶ岳・馬ヶ岳周辺に山城が築かれ、現在でも良い状態で城壁は残されていて、「御所ヶ谷神籠石」として国の史跡に指定されています。

このような過去を持つ「行橋市」ですが、今や行橋市は、県内でも数少ない「人口増加の続く」北九州市のベッドタウンでもあります。また、東九州自動車道が、2016年4月に北九州から宮崎まで全通しており、このような環境を『政治』がいかに街づくりに生かしていけるかが問われています。

この記事では、行橋市の今後の発展を占う、行橋市議会議員補欠選挙2018の当選・落選の投開票結果と立候補者の情勢についてまとめています。

行橋市議会議員補欠選挙2018 立候補者3名の横顔

今回、2018年に行橋市長選挙と共に、行橋市・市議会議員の「補欠選挙」が実施されます。在席議員死去に伴う市議補選には、欠員1に対して無所属の新人3名が立候補。

告示での届け出は、自民党支部役員の小堤千寿氏(35)、会社員の森山賢氏(31)、化粧品店経営の西田憲司氏(50)です。

この3氏に関してのマスコミ報道は詳しくなく、以下に、フェイスブックでの自己紹介を掲載します。

森山賢氏の自己紹介

職歴

2016年5月14日から現在
KKS(福祉施設)住宅型有料老人ホーム 副施設長

2005年4月1日~2015年6月29日
日鉄住金プラント

学歴

苅田工業高校 2005年卒業

居住地及び出身地

福岡県 行橋市

西田憲司氏の自己紹介

職歴

2015年2月1日から現在
三菱日立パワーシステムズ(熱処理)

2010年4月1日~2015年1月31日
三菱重工業

学歴

九州国際大学(福岡県 北九州市)
2003年卒業・法学部 法律学科

長崎海星高等学校
1999年卒業

居住地と出身地

長崎県 長崎市

小堤千寿氏の自己紹介

職歴

2014年5月から現在
自由民主党福岡県第11選挙区支部
自民党県11区支部 青年局長

元 農林水産大臣 衆議院議員 太田誠一 事務所
秘書 ・ 2007年から現在

2009年~2014年4月
防衛副大臣 衆議院議員 武田良太 事務所秘書

学歴

Nakamura Gakuen University
2006年卒業 ・ 福岡県 福岡市

居住地と出身地

福岡県 行橋市

行橋市議会議員補欠選挙2018の当開票結果一覧(立候補者一覧及び当選者名簿)

まずは、行橋市議会議員補欠選挙2018の投開票に関する実施概要を確認します。

行橋市議会議員補欠選挙は2018年2月25日に投開票を実施

自らの投票についてはまず、投票所入場券の内容を良く確認しましょう。

【告示日】

平成30年2月18日

【期日前投票期間】

平成30年2月19日から2月24日

【投票日及び開票日】

平成30年2月25日

【投票時間】

午前7時から午後8時

【投票場所】

市内16ヶ所

【開票場所・時間】

即日開票(午後9時20分より行橋市民体育館にて)。

【有権者数(人)】

60802人(男:28732・女:32070)

※平成30年2月17日現在。

【投票率(%)】

45.73

【執行理由】

在席議員の死去(定数割れ)

【定数/候補者数】

1/3

詳細はこちら⇒ 行橋市長選挙及び行橋市議会議員補欠選挙 | 行橋市ホームページ

今回の市議補選では定数「1」に対して3名が立候補。前回2014年の市議選では定数1に2名の立候補があり、1名が落選。今回は「2名落選」の市議会議員の補欠選挙となっています。

立候補者の内訳は、新人3人。党派別には、3名全員が無所属、となっています。

行橋市議会議員補欠選挙2018 投開票結果と立候補者の一覧名簿

今回、2018年2月25日投票の行橋市議会議員補欠選挙の「全立候補者一覧名簿」は以下のとおりです。

行橋市議会議員補欠選挙(2018年2月25日投票結果)
告示日:2018年2月18日
投票日:2018年2月25日
有権者数(人):60238(最終結果時点)
投票率(%):45.73
執行理由:任期満了
定数/候補者数:1/3

行橋市議会議員補欠選挙2018 立候補者の投開票結果 一覧名簿

行橋市議会議員補欠選挙(2018年2月25日投票)
【告示後:届出順|結果判明後:得票数順 にて表記】

no 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 13466 小堤 千寿
こづつみ ゆきとし
35 無所属
2 6909 西田 憲司
にしだ けんじ
50 無所属
3 5455 森山 賢
もりやま すぐる
31 無所属

行橋市議会議員補欠選挙2018の立候補者の情勢

主要政党の中にあって、毎回の地方選挙で立候補者の詳細を紹介しているのは公明党のみの現状です。故に、選挙情報の一助として、公明党のサイトから一部引用しています。

しかし今回、「行橋市議補選2018」に立候補している公明党の候補者はありませんでした。

行橋市議選2014の投開票の結果一覧名簿

前回2014年の市議選の当開票の結果(当選者・落選者)一覧は以下のとおりでした。

前回の

行橋市議会議員補欠選挙(2014年3月2日投票)の投開票結果

no 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 17743 井上 倫太郎
いのうえ りんたろう
30 無所属
2 10418 林 利門
はやし としかど
74 共産

行橋市議会議員補欠選挙2018の当開票の結果と開票数・投票率について

行橋市議補選2018の投開票結果の詳細については、原則、投票日当日の結果を受けて随時更新致します。

また、行橋市議会議員補欠選挙2018の投開票の結果受けて、真新しい事実や各党候補者のその後についての情報があれば、ここでご紹介致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

スポンサーリンク