津山市長選挙 投開票の結果2018 速報と情勢|宮地氏VS谷口氏

スポンサーリンク

平成30年3月1日の任期満了によって、岡山県津山市長選挙が2018年2月11日に実施され、投開票の結果が明らかになります。

新人・谷口氏が当選しました。

「津山市長選2018」の投開票結果の詳細は以下でお知らせしています。
津山市長選挙2018 投開票結果と立候補者の一覧名簿

岡山県・津山市(つやまし)は、中国地方の東部・県の北部に位置する市で、県内第3位にランクされる規模です。人口面及び経済面における県北最大の市であると共に、県北部の美作地方と津山都市圏の中心都市となっています。面積は506.33平方キロメートルで、総人口は102,028人(2017年10月1日現在の推計)。越前松平家十万石・津山藩の城下町として発達して来ました。

その津山市の最大の課題は、人口10万人都市にもかかわらず、少子高齢化によって人口の減少に歯止めがかからないという実情です。

平成32年には10万人を下回り、平成57年にはピーク時の約70%となる8万人程度になるとの試算が出ています。この現状を鑑み、津山市では、進行する人口減少・少子高齢化を解決し、将来の人口展望を示すと共に、魅力と活力あるまちを実現するために、平成27年10月に「津山市まち・ひと・しごと創生総合戦略」を策定しています。

現状脱却という使命を帯びた津山市議会には、なんとしても飛躍してもらわなければならず、それを左右する『津山市長選挙』は非常に重要なイベントです。

この記事では、津山市の今後の発展を占う、津山市長選挙2018の当選・落選の当開票結果と立候補者の情勢についてまとめています。

津山市長選挙の立候補者 宮地氏と谷口氏の横顔

任期満了で実施される津山市長選挙2018は、2月4日の告示をもって、現職で3選を目指す宮地昭範氏(69歳)と新人で元岡山県議の谷口圭三氏(54歳)の無所属2人が立候補し、対決となりました。

前回の市長選挙(2014年2月9日実施)も、宮地氏と谷口氏の対決でしたが、宮地 昭範(みやじ あきのり)氏が26,818票獲得で当選し、谷口 圭三(たにぐち けいぞう)氏は、20,607票で落選となっています。

この時の選挙では、自民党が谷口氏を、公明党津山支部が宮地氏を、それぞれに推薦しましたが、今回、2018年の市長選挙では、自民・公明の両党とも自主投票で臨みます。

県北部唯一、10万人規模の都市でありながら中心街の空洞化が深刻で、拠点性の低下が懸念されている津山市は、人口減少に歯止めがかからず、雇用の創出や子育て環境の整備や移住対策・定住対策などが問われています。

現市長・宮地昭範氏の主張とプロフィール

宮地氏の出陣式での宣言は、「地方創生に真正面から取り組み、観光、教育、移住定住を柱に元気な津山をつくる」。

宮地昭範氏のプロフィール

岡山県津山市長。昭和23年7月28日生まれ。 岡山県立津山商業高等学校卒業。津山市採用。環境事業所廃棄物処理施設建設事務室主幹(課長補佐級)。産業経済部企画主幹(課長級)。環境生活部次長。2010年、津山市長に就任。趣味:スポーツ観戦。座右の銘:星火燎原(せいかりょうげん)。尊敬する人:坂本龍馬

新人・谷口圭三氏の主張とプロフィール

谷口氏は立候補の動機を次のように語りました。「地方創生は都市間競争であり、人口減少が急速に進み時間との戦いでもある。旧態依然の行政から転換し、産業振興と教育再生で市民生活の満足度を上げたい」。また、出陣式では、「子育て支援や教育再生、産業振興を進め、県北の"雄都"津山を再興していきたい」と訴えています。

谷口圭三氏のプロフィール

昭和38年生まれ。中央大学商学部を卒業。 平成22年に岡山大学大学院社会文化科学研究所・博士前期課程修了。昭和63年、加藤武徳参議院議員、加藤紀文参議院議員の秘書を務める。平成15年で津山市議会議員3期目・津山市議会副議長を勤める。平成23年、岡山県議会議員2期目を勤める。

津山市長選挙2018の当開票結果一覧(立候補者一覧及び当選者名簿)

まずは、津山市長選挙2018の投開票に関する実施概要を確認します。

津山市長選挙は2018年2月11日に投開票を実施

自らの投票についてはまず、投票所入場券の内容を良く確認しましょう。

【告示日】

平成30年2月4日

【期日前投票期間】

平成30年2月5日から2月10日

【投票日及び開票日】

平成30年2月11日

【投票時間】

午前7時から午後6時まで。

【投票場所】

市内48箇所。

【開票場所・時間】

即日開票(県津山総合体育館にて午後8時15分から開票開始)。

【有権者数(人)】

84798人(男:39973・女:44825)

※ 平成30年2月3日現在。

【投票率(%)】

55・81%

【執行理由】

任期満了

【定数/候補者数】

1/2

詳細①はこちら⇒ 平成30年2月11日は津山市長選挙の投票日です | 津山市公式サイト

詳細②はこちら⇒ 期日前投票 | 津山市公式サイト

津山市長選挙2018 投開票結果と立候補者の一覧名簿

今回、2018年2月11日投票の津山市長選挙の「全立候補者一覧名簿」は以下のとおりです。

津山市長選挙(2018年2月11日投票結果)
告示日:2018年2月4日
投票日:2018年2月11日
有権者数(人):84798
投票率(%):投票結果待機中
執行理由:任期満了
定数/候補者数:1/2

津山市長選挙2018 立候補者の投開票結果 一覧名簿

津山市長選挙(2018年2月11日投票)
【告示後:届出順|結果判明後:得票数順 にて表記】

no 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 25800 谷口 圭三
たにぐち けいぞう
54 無所属
2 20803 宮地 昭範
みやじ あきのり
69 無所属

津山市議選2014の投開票の結果一覧名簿

前回2014年の市長選の投開票の結果(当選・落選)一覧は以下のとおりでした。

津山市長選挙(2014年2月9日投票)の投開票結果

no 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 26818 宮地 昭範
みやじ あきのり
65 無所属
2 20607 谷口 圭三
たにぐち けいぞう
50 無所属(自民、維新推薦)

津山市長選挙2018の当開票の結果と開票数・投票率について

津山市長選2018の当開票結果の詳細については、投票日当日の結果を受けて随時更新致します。

また、津山市長選挙2018の投開票の結果を受けて、真新しい事実や立候補者のその後についての情報があれば、ここでご紹介致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

スポンサーリンク