那覇市議会議員選挙2017の情勢と公明党立候補予定者

スポンサーリンク

投稿日:

現在、沖縄県の那覇市では、那覇市市議会議員選挙の熱い戦いが展開されています。その中で、公明党候補者7名の情勢は危機的展開に・・。

2017年(平成29年)7月2日が告示(都議選の投票日・・)で投票日は9日(日曜日)。期日前投票は8日(土曜日)まで。

那覇市議選2017の公明党候補者の情勢

いわゆる「オール沖縄」勢といわれる共産党などの革新政党に政権批判票が大量に流れて過半数を超える勢いの中、自民党と維新の会は保守層の固めに全力を挙げる中、公明党は埋没の危機に瀕しています。

議席定数40に対して67人が立候補し、そのうち31人が新人という、選挙の構図が一変する中での大混戦。ほぼ占有されきってしまった30議席。残りの10議席ほどを、公明7氏を含む有力30人程が獲得しあう熾烈な状況の中、ここでも意図的な安泰説で公明票が熾烈な切り崩しを受けており、「全員当選は極めて危うい」情勢となっています。

今すぐ!ヌチカジリ(命がけ)の大攻勢への支援が急務です。

那覇市議選2017の公明党候補者 現職7名

那覇市議選で公明党から立候補し、激戦を繰り広げるのは、以下の現職7氏です。

連日、当選圏内への浮上をめざし、激闘を繰り広げるものの、他陣営の勢いに押されて伸び悩み、圏外へと、はじき飛ばされかねない重大局面に陥っています。

翁長 シュンエイ(おなが しゅんえい/60歳):現
⇒ 党県副幹事長。市議5期。法政短期大学卒。多良間村出身。

大はま やすし(おおはま やすし/60歳):現
⇒ 党県規律委員。市議6期。福岡工業大学卒。石垣市出身。

大城 わかこ(おおしろ わかこ/53歳):現
⇒ 党県女性局次長。市議1期。琉球大学卒。那覇市出身。

のはら 嘉孝(のはら よしたか/54歳):現
⇒ 党県基地対策局長。市議2期。那覇高校卒。石垣市出身。

イトカズ 昌洋(いとかず まさひろ/57歳):現
⇒ 党県幹事。市議4期。創価大学卒。久米島町出身。

クワエ 豊(くわえ ゆたか/62歳):現
⇒ 党県議会局長。市議3期。創価大学卒。与那原町出身。

キシャバ 盛三(きしゃば もりみつ/64歳):現
⇒ 党県幹事。市議4期。創価大学卒。那覇市出身。

那覇市議選2017の全般的な情勢

那覇市は、沖縄県知事の翁長氏が市長を務めたお膝元であり、社民や共産・自民離党の市議ら「オール沖縄」勢が過半数を占めるか、これを阻止するかが、今回の那覇市議選の争点となっています。

メディア各紙による、那覇市議選2017の報道は以下のとおりです。

那覇市議選、67人立候補 知事vs.自民が再び火花 - 沖縄:朝日新聞デジタル

那覇市議選が告示 翁長知事のお膝元、過半数めぐり攻防 - 産経WEST

67人立候補へ 那覇市議選きょう告示 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

スポンサーリンク