町田市長選挙 投開票の結果2018 速報一覧と立候補者の情勢

スポンサーリンク

平成30年3月8日の任期満了によって、東京都町田市長選挙が2018年2月25日に実施され、投開票の結果が明らかになります。

→こちらに投開票の結果の第一報を記します。←

「町田市長選2018」の投開票結果の詳細は以下でお知らせしています。
町田市長選挙2018 投開票結果と立候補者の一覧名簿

同日実施の市議選はこちら⇒ 町田市議会議員選挙2018の結果速報

町田市長選挙2018の実施について(告示前と告示後)

2018年2月6日現在、東京都町田市・市長選挙(2018年2月25日投票)の立候補者の状況については、告示(2018年2月18日)以前であるため、確認は出来ませんが、2017年12月16日に開催された『2018年2月25日執行予定 町田市長選挙 立候補予定者説明会出席者一覧』によると、説明会への参加者は、以下3名の他、公表不可の2名を加え、全5名でした。

  1. 報道機関への公表不可1名
  2. 石阪 丈一(いしざか じょういち: 男・70・無所属・市長|町田市 広袴2丁目14番地39|042-708-2881)
  3. 木原 信義(きはら のぶよし:男・68・無所属・無職|町田市 中町2丁目18番10号 |042-726-4943)
  4. 山根 きくこ(やまね きくこ:女・51・無所属・ジャーナリスト)
  5. 報道機関への公表不可1名

木原信義氏は前回の市長選挙(2014年2月23日投票)に立候補しており、投開票の結果、31,583票獲得で3位落選、石坂市長は76,869票獲得で当選を果たしています。

以上の状況から断言は出来ませんが、告示の段階で、現職市長以外にも立候補者はあり、市長選挙は実施される?ものと予想されました。

しかる後、告示を迎え、立候補者は以下の3名と公表されました。

  1. 河辺 康太郎(かわべ こうたろう:38歳・無所属新)
  2. 石阪 丈一(いしざか じょういち:70歳・無所属現)
  3. 木原 信義(きはら のぶよし:68歳・無所属新)

『町田市長選挙 立候補予定者説明会』への出席者の内、「報道機関への公表不可」であった1名は、「河辺 康太郎」氏であったもようです。現職・石阪氏と木原氏は前回市長選で戦った両名であり、そこに河辺氏が新規参入・・という形です・・。

町田市長選挙2018が実施される町田市とは

東京都町田市(まちだし)は、多摩地域南部にある市です。面積は71.55平方キロメートルで、総人口は434,419人(2017年10月1日現在の推計)。

東京都内でありながら、町田市の周囲と地形は特異です。都の他市に接しているのは北側のみとなっていて、神奈川県に接している部分の方が多く、実際は、神奈川県に半島状に付き出した地形になっています。

また、町田市は神奈川県の横浜市・川崎市・相模原市と、3つの政令指定都市に接する日本唯一の市域です。

『東京都内の隣接自治体である多摩市や八王子市とは同じ南多摩地域にありながら丘陵で隔てられていることから、もっぱら神奈川県域との交流が盛ん』とは、良く言われることですが、神奈川県大和市に在住していた筆者は、横浜インターチェンジを良く利用していましたが、友人の居る町田市へは、その途中進路を変更して直ぐ到着出来ており、友人とは同じ市内に居るような感覚がありました。

町田市域にも存在する「日本最大規模のニュータウン」が『多摩ニュータウン』(他に、東京都稲城市・多摩市・八王子市域にもかかる)です。

多摩ニュータウンに関しては、『高齢化』の問題がよく、全国的な話題として取り上げられますが、東京都と町田市にとっても、重要な政策課題となっています。

この記事では、町田市の今後の発展を占う、町田市長選挙2018の当選・落選の当開票結果と立候補者の情勢についてまとめています。

町田市長選挙2018の立候補者3名の横顔

2018年の町田市長選挙は、現職の石阪丈一氏と、いづれも新人の元市議・河辺康太郎氏及び、元小学校教諭・木原信義氏との三つ巴(どもえ)の戦いとなりました。

4期目を目指す現職が、現市政でのやり残しの完遂を訴えれば、新人2人は、市政の刷新を強調するという論戦となりました。

河辺 康太郎(かわべ こうたろう)氏(38歳・無所属新人)の主張とプロフィール

市議を3期務めた後に、今回、市長選挑む河辺氏が強調するのは「税金の使い方」。例として、野津田公園の市立陸上競技場の改修事業など、「市議会で議論したが、巨額の投資が町田の未来につながるのか、疑問だけが残った」と指摘し、見直す考えを示しています。一方、身近な行政サービスが縮小・削減されている矛盾。行政を変えなければ町田は衰退する。未来を変えよう。と、市政の転換を訴えています。

元市議。履歴:市スポーツ振興議員連盟事務局長、民主党市議団代表、民進党支部幹事長。中央大卒。

石阪丈一(いしざか・じょういち)氏(70歳・無所属現3期)の主張とプロフィール

石阪氏が市長・4期目を目指す理由の一つとして挙げるのが、「中心市街地の活性化や再開発が進んでおらず、次の4年で何とか形を作りたい」というもの。さらにもう一つは、「多摩都市モノレールの延伸を進めることであり、次の4年で軌道に乗せたい」と述べています。なお、町田市は昨年、14歳までの子どもの転入者数が転出を上回ったことで、この点、全国の自治体で3位だった事実を挙げ、「子育て支援策が成果を上げたと実績をアピールしています。

元横浜市港北区長。履歴:横浜市職員・横浜国際平和会議場総務部長・総務局理事。横浜国大卒。自民・公明が推薦。

木原信義(きはら・のぶよし)氏(68歳・無所属新人)の主張とプロフィール

前回に続いて2回目の挑戦となる木原氏は「開発優先でトップダウンの市政は、市民の暮らしを壊す。何としても変えなければならない」と述べ、市政刷新の必要性を唱えた。

今の市政が進めている、野津田公園にある市立陸上競技場の改修、公共施設の再編について批判。そして、本件について、「公園の緑が壊されようとしている。市立博物館や文学館、図書館を潰さないでほしい」、という声が湧き上がっていることを挙げています。また、公約として、「都内では当たり前の中学校の全員給食の実現」、「年金で入居できる特別養護老人ホームの建設」、などを訴えています。

革新町田市民の会事務局長、並びに町田退職教職員の会会長。履歴:小学校教諭。横浜国大卒。共産・自由が推薦。

町田市長選挙2018の当開票結果一覧(立候補者一覧及び当選者名簿)

まずは、町田市長選挙2018の投開票に関する実施概要を確認します。

町田市長選挙は2018年2月25日に投開票を実施

自らの投票についてはまず、投票所入場券の内容を良く確認しましょう。

【告示日】

平成30年2月18日

【期日前投票期間】

平成30年2月19日から2月24日

【投票日及び開票日】

平成30年2月25日

【投票時間】

午前7時から午後8時まで。

【投票場所】

市内67ヶ所(全67投票区)。

【開票場所・時間】

即日開票。

【有権者数(人)】

356876人(男:173518・女:183358)

※ 平成30年2月17日現在。

【投票率(%)】

投票結果待機中。

【執行理由】

任期満了

【定数/候補者数】

1/3

詳細はこちら⇒ 2018年2月25日執行 町田市議会議員・町田市長選挙のお知らせ/町田市ホームページ

町田市長選挙2018 投開票結果と立候補者の一覧名簿

今回、2018年2月25日投票の町田市長選挙の「全立候補者一覧名簿」は以下のとおりです。

町田市長選挙(2018年2月25日投票結果)
告示日:2018年2月18日
投票日:2018年2月25日
有権者数(人):ーー(投票段階待機中)
投票率(%):投票結果待機中
執行理由:任期満了
定数/候補者数:1/3

町田市長選挙2018 立候補者の投開票結果 一覧名簿

町田市長選挙(2018年2月25日投票)
【告示後:届出順|結果判明後:得票数順 にて表記】

no 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 河辺 康太郎
かわべ こうたろう
38 無所属
2 石阪 丈一
いしざか じょういち
70 無所属
3 木原 信義
きはら のぶよし
68 無所属

町田市議選2014の投開票の結果一覧名簿

前回2014年の市長選の投開票の結果(当選・落選)一覧は以下のとおりでした。

町田市長選挙(2014年2月23日投票)の投開票結果

no 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 76869 石阪 丈一
いしざか じょういち
66 無所属(自民、公明推薦)
2 31583 斎藤 祐善
さいとう ゆうぜん
40 無所属
3 22909 木原 信義
きはら のぶよし
64 無所属(共産推薦)
4 5004 仲 政江
なか まさえ
62 無所属

町田市長選挙2018の当開票の結果と開票数・投票率について

町田市長選2018の当開票結果の詳細については、投票日当日の結果を受けて随時更新致します。

また、町田市長選挙2018の投開票の結果を受けて、真新しい事実や立候補者のその後についての情報があれば、ここでご紹介致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

スポンサーリンク