2017年都議選挙 豊島区予定候補者(公明 長橋けい一)と他党情勢

スポンサーリンク

投稿日:

平成29年(2017年)の東京都都議会議員選挙において、公明党より「豊島区」から出馬する予定候補者は「長橋けい一(ながはしけいいち)」です。豊島区は都議会公明党が超重点区・7選挙区の内の一つとする超激戦区です。

以降、「長橋けい一」が立候補する「豊島区」の他党全立候補者の状況と都議選情勢ならびに、「長橋けい一」候補のプロフィール等を紹介しています。

豊島区【定数3】の各党候補者

東京都都議会議員選挙で豊島区(定数3)より出馬する各党全候補者と選挙戦の情勢は以下のとおりです。

  • 公明党:長橋けい一(現4)
  • 都民F:本橋弘隆(新)
  • 自民党:堀宏道(現1)
  • 民進党:なし
  • 共産党:米倉春奈(現1)
  • 諸派無所属:柏井茂達(地方議員ゼロの会|新)

以上、定数3の議席に立候補者が「5名」。定数3に対して現職3名を脅かす都民ファーストの会擁立の本橋。必然的に自民党も共産党も総力で臨む中、公明党・長橋には、さらなる総力の結集が不可欠。

公明党豊島区「長橋けい一」候補のモットー・実績とプロフィール

都議選2017 超重点区 豊島区 公明党候補 長橋けい一
  1. 空き家活用で保育所第1号!
  2. 池袋の発展へ都市整備促す!
  3. 芸術・文化で豊島を元気に!

『現在、力を注ぐのが都内に約82万戸あるという空き家の活用。区内の空き店舗を使った東京スマート保育所(小規模保育所)第1号の開設を推進し、今後は住居確保が困難な高齢者らへの提供もめざす。豊かな経験に信頼が集まる。豊島区長と密に連携し、池袋を「国際拠点」として再開発を加速させる国の緊急整備地域指定の取得に尽力。これにより、豊島公会堂跡地での劇場整備や池袋駅の東西デッキ構想などが急ピッチで進む(「公明新聞:都民の中へ!激戦区に挑む」より引用)』

党都本部幹事長。都議会議員団副団長。創価大学卒。59歳。

「長橋 けい一」の詳しいプロフィール

超重点区(激戦区)に挑む 長橋 けい一

超重点区情報:公明党【都議選2017】超重点区7選挙区の情勢と候補者一覧

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

スポンサーリンク