指宿市長選挙 投開票の結果2018 速報一覧と情勢|前回対決再選

スポンサーリンク

平成30年2月11日の任期満了によって、鹿児島県指宿市長選挙が2018年2月4日に実施され、投開票の結果が明らかになります。

結果判明です。下記リンク先一覧をごらん下さい。

市議選はこちら⇒ 指宿市議会議員選挙 投開票の結果2018 速報一覧と情勢

「指宿市長選2018」の投開票結果の詳細は以下でお知らせしています。
指宿市長選挙2018 投開票結果と立候補者の一覧名簿

平成30年2月4日の同日、指宿市議会議員選挙が、定数20に対して立候補者28人という激戦を繰り広げる中、こちらの市長選挙も激しい『舌戦』が展開されています。

指宿市長選挙2018に臨むのは、現職で3選を目指す豊留悦男(とよどめ・えつお)氏(67歳)と、新人で元市議の下柳田賢次(しもやなぎた・けんじ)氏(60歳)の二人で、いずれも無所属。

前回、2014年2月2日投票の市長選挙も、今回と同じ、豊留氏と下柳田氏との対決でした。この時、豊留氏は13,974票を獲得して当選し、下柳田氏は10,992票で落選の憂き目にあっています。

現市長の豊留氏には、自民党と公明党の推薦というバックがあり、これはかなり有利です。公明党の推薦が付くと、強力な支援があります。これは、前回の市長選でも同じで、逆に言えば、公党の推薦の無い下柳田氏が10,992票を獲得している事実は驚異であり、今回2018年の選挙がどうなるか注目されます。

この記事では、指宿市の今後の発展を占う、指宿市長選挙2018の当選・落選の当開票結果と立候補者の情勢についてまとめています。

指宿市長選挙2018の立候補者2名の横顔と主張

指宿市長選挙2018の立候補者のプロフィールや主張を紹介します。現市長の豊留氏は教育界から直に政治の世界へ飛び込み実績をあげています。対する下柳田氏は元市議であり歴戦の政治家です。

豊留悦男(とよどめ えつお)氏のプロフィールと主張

鹿児島大学教育学部を卒業後、小学校の教諭に。大口市立大口小学校・北京日本人学校・鹿児島市立大龍小学校の校長などを歴任の後に、2010年、校長職を辞職し、揖宿市長選挙に臨みました。教職から「政治家」を経ずに市長に立候補するケースは極めて珍しいと言われます。そして、この時の選挙は、前市長から後継者として指名された松元一広元県議ら、歴戦の「政治家」を相手に初当選を果たしています。

★ 農業政策や観光振興の他、サッカー場建設によるスポーツ合宿誘致を主張。

教職出身ゆえに、教育政策への思いも強く、「少子化が進む中、子どもたちにとってどんな教育環境が良いのか。全国の先進例となるよう、さまざまな取り組みを進めたい」と意欲を示す豊留氏。今回3期・12年目の市政への抱負は、『これまでの市政を継続し、指宿の将来を左右する大きな局面を担わせていただきたい』とのこと。

現・県観光連盟副会長。元・北京日本人学校教諭・市教委学校教育課長・小学校長。揖宿市生まれ。甲南高校、鹿児島大学教育学部を卒業。今回、自民党と公明党の推薦を受けている。

下柳田賢次(しもやなぎた けんじ)氏のプロフィールと主張

2014年に指宿市長選挙に立候補し、豊留氏と対決する前は、民主党に所属して指宿市議会議員を務めていました。

前回の市長選では、合併後の市政を「地域間の格差が広がった」と批判。「限られた財源で知恵と工夫を凝らし、効率良く、効果のある仕事を進める。働く場所とにぎわいがある町、住みやすい町をつくりたい」と市政の刷新を訴えています。

★ サッカー場の建設費抑制などを掲げ、財政改革等の市政刷新を訴えています。

今回、2度目の指宿市長選挙に臨み、『市の将来への不安、現状への不満の声を市民から多く聞いた。政策選択の選挙にしたい』との抱負を語っています。

元市議。元・指宿温泉旅館事業協同組合専務理事・丹波小PTA会長。駒大卒。

指宿市長選挙2018の当開票結果一覧(立候補者一覧及び当選者名簿)

まずは、指宿市長選挙2018の投開票に関する実施概要を確認します。

指宿市長選挙は2018年2月4日に投開票を実施

自らの投票についてはまず、投票所入場券の内容を良く確認しましょう。

【告示日】

平成30年1月28日

【期日前投票期間】

平成30年1月29日から2月3日

【投票日及び開票日】

平成30年2月4日

【投票時間】

午前7時から午後6時まで。

【投票場所】

市内31箇所。

【開票場所・時間】

即日開票(指宿総合体育館にて午後8時から開票)。

【有権者数(人)】

35286人(男:16103・女:19183)

※ 平成30年1月27日現在。

【投票率(%)】

投票結果待機中。

【執行理由】

任期満了

【定数/候補者数】

1/2

詳細はこちら⇒ 広報いぶき1月号9ページ

指宿市長選挙2018 投開票結果と立候補者の一覧名簿

今回、2018年2月4日投票の指宿市長選挙の「全立候補者一覧名簿」は以下のとおりです。

指宿市長選挙(2018年2月4日投票結果)
告示日:2018年1月28日
投票日:2018年2月4日
有権者数(人):35286
投票率(%):投票結果待機中
執行理由:任期満了
定数/候補者数:1/2

指宿市長選挙2018 立候補者の投開票結果 一覧名簿

指宿市長選挙(2018年2月4日投票)
【告示後:届出順|結果判明後:得票数順 にて表記】

no 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 12783 豊留 悦男
とよどめ えつお
67 無所属
2 10271 下柳田 賢次
しもやなぎた けんじ
60 無所属

指宿市議選2014の投開票の結果一覧名簿

前回2014年の市長選の投開票の結果(当選・落選)一覧は以下のとおりでした。

指宿市長選挙(2014年2月2日投票)の投開票結果

no 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
1 13974 豊留 悦男
とよどめ えつお
63 無所属
2 10992 下柳田 賢次
しもやなぎた けんじ
56 無所属

指宿市長選挙2018の当開票の結果と開票数・投票率について

指宿市長選2018の当開票結果の詳細については、投票日当日の結果を受けて随時更新致します。

また、指宿市長選挙2018の投開票の結果を受けて、真新しい事実や立候補者のその後についての情報があれば、ここでご紹介致します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

スポンサーリンク